旦那 洋服 臭い取り 残留加齢臭

糖尿病と体臭の関係

 

何かしらの病気にかかると、それが嫌な臭いとなってでてくることがよくあります。
現在体臭で悩んでいる人のなかには、病気が原因となっている人もいます。
例えば肝機能や腎機能が低下すると、体内の不用物が処理されずその臭いが体臭となってでてくる場合があります。
その他にも、体臭と関係してくる病気があります。それが糖尿病です。

 

糖尿病というのは、血液中の血糖値が上昇している起こる症状のこといいます。
通常体内ではインスリンの作用によって血糖値の上昇を抑えていまいすが、糖尿病患者の場合はこのインスリンがうまく機能しなくなります。
人が活動するためにはブドウ糖が必要不可欠ですが、健康な人はこの血糖をエネルギーに変換して活動しています。
しかし糖尿病患者の人は、この作用がうまくできないのです。

 

人間は生きていくにためにエネルギーが必要になります。
血糖をエネルギーにうまく変換できない場合は、糖の変わりに脂肪を変換してエネルギーを作ることになります。
本来の作用で使用する糖の変わりに脂肪を使うと、血液のなかにケトン体とよばれる物質が多く発生してきます。
このケトン体が、実は体臭を生むもとになっているのです。
ケトンというのは、甘酸っぱい酸味のような臭いです。これが体臭の原因になっています。

 


身体の内部から発生する加齢臭を消す方法はこちら>>

 

 

 

 

旦那の残留加齢の取り方 トップページはこちら>>>